ピアノの状態を維持するために|プロに調律を頼もう

業者の得意分野を調べる

女の人

大事な楽器の修理を依頼する際にはその種類に応じて、専門性の高い業者を選ぶことが確実な結果を導きます。また状態や修理の難易度によってはそれなりの費用が掛かる場合もあるので、きちんと見積もりを出してもらうほうが安心できます。

詳しく見る

定期的にメンテナンスを

鍵盤

木製楽器であるピアノは温度や湿度の影響を受けやすく、年月が経つと弦の部分が伸びてしまったりして本来の音が出なくなってしまうことがあります。実際に音を出しながらそれを本来の音に調整するのが調律です。業者は調律を行いながら修理も行い、場合によってはオーバーホールも行うことになります。

詳しく見る

理想の音を取り戻す

楽器

電子ドラムの修理を専門店に依頼する場合、修理には10,000円から20,000円ほどの費用が必要になります。楽器の修理店はお手頃価格できちんとしたサービスを提供してくれるお店が人気です。信頼できる店員さんがいる場所に足を運びましょう。

詳しく見る

業者選びのポイント

演奏する人

ピアノの調律をお願いする場合、習っているピアノの先生に紹介してもらう、楽器店に頼んでみる方法がありますが、他にはインターネットで調べる方法があります。毎年行うものですので、長く付き合える調律師を選ぶとよいです。

詳しく見る

自分ではできないこと

楽器

原因不明で楽器の音が変わってしまった時は個人的に直すことができません。こうしたケースでは修理店に依頼して元通りにしてもらいましょう。また修理店ではオーバーホールも受け付けているため、大破する前に大切な楽器を整備できるのです。

詳しく見る

快適な演奏環境を確保する

ピアノ

楽器の状態維持にも役立つ

ピアノを所有する方の多くはその演奏を長年に渡って楽しみたいと考え、日々丁寧に取り扱っているかと思います。そしてきちんとした調律を行えば快適な演奏環境が確保されて、楽器の状態の維持にも良い影響を与えることもほとんどの方が認識しているでしょう。しかしピアノの調律はそこまで頻繁にするものではなくついつい億劫になって怠りがちですが、後になって不具合がでないようにあらかじめ信頼できる調律師を見つけておくことがとても大事です。しっかりとした専門の業者に定期的に調律を任せられれば、正しい音程を保ち続けるだけではなく不具合の早期発見にも繋がるので、それなりの費用を払う価値をあります。調律の目安としては最低でも一年に一度、できれば半年もしくは季節の変わり目ごとに行うべきで、これを念頭に置いて調律の費用や予定などをあらかじめ組んでおくと良いでしょう。また馴染みのある調律師との付き合いがある場合は別ですが、引越しなどで新しい業者を探す必要がある方もいるかもしれません。そうした時はインターネットなどで色々と調べてみて、なるべく長期間大事なピアノを任せられそうな業者を慎重に見極めましょう。もちろん経験豊富な調律師が理想ですが、予算面も考慮して総合的な判断したほうが長い目で見ると賢明だと言えます。定期的な管理を行えばピアノも確実にそれに応えてくれるはずなので、一つ決心をして品質と演奏環境の良好にしておくことをお勧めします。