ピアノの状態を維持するために|プロに調律を頼もう

定期的にメンテナンスを

鍵盤

修理やチューニングも

現在は電子ピアノも多く出回っていますが、まだまだ昔ながらの木製のピアノも数多く存在します。木製のピアノは電子ピアノに対して生ピアノとも呼ばれており、木製楽器であるために定期的にメンテナンスを行う必要があります。木製楽器は温度や湿度の影響を受けやすく、年月が経つと徐々に劣化していってしまいます。そうなると見た目が劣化するだけではなく、音がずれたりしてしまい楽器として役に立たなくなってしまいます。そういった事態を避けるために行われるのが調律です。生ピアノをいつまでも使い続けるためには定期的に業者に調律を依頼する必要があるのです。ピアノは見た目には違いはあるもののギターやバイオリンと同じように弦楽器となっています。弦は常にピンと張られた状態になっていますが、劣化してしまうとこの弦が伸びてしまったりすることがあります。そうなってしまうと本来の音とは違う音が出るようになってしまうため、これを調整して本来の音が出るようにするのが調律です。実際に音を出してみてその音を聴きながらおかしな弦の調整を行うことで調律することになります。また、調律をする際には弦だけではなくピアノ全体をチェックすることになります。もし故障箇所が見つかりすぐに修理することが出来るのであればその場で修理することになります。その場で修理することが出来ないと判断した場合には、後日改めて修理を行うことになり場合によってはオーバーホールが必要になることもあります。